↓Facebook&WordPress&アメブロ連動集客ツール↓
amepress

せどりをするなら古物商許可証は絶対に必要か?


せどりをするなら古物商許可証は絶対に必要か?
少し前になりますがせどりに挑戦しようと考えている方から古物商の取得に関しての問い合わせを頂いたので今回は実際に私が調べた部分を紹介したいと思います。


こんばんは、ゆうぽんです。

最近店舗せどりをしているとせどらーさんをよく見掛けるので、
私も負けずと新たなジャンルにも挑戦するようになったのですが、
先週の日曜日にエディオンで久々に良い仕入れができました^^

仕入れ3万円の商品✕2→見込み利益8万円✕2
トータル:わずか15分で16万円の利益♪

視野を広げると利益の取れるものが沢山見つかります。

それで、今回の古物商の取得についてですが、
最初私はその存在さえも知りませんでした。

存在を知ったのもせどりを始めて2ヶ月経ってからでしたが、
調べるてみると当時の私には必要ありませんでした。

でも気づいた時はちょっと焦りましたが…。

何故かと言うと、古物商の許可無く古物営業をすれば、
古物営業法第6章の第31条「3年以下の懲役又は100万円以下の罰金」
という重い罰則が与えられます。

ではどういった方が必要か必要じゃないかと簡単に説明すると、
新品商品の仕入れは必要なく中古商品の仕入れは必要です。

なので、イトーヨーカドーやドン・キホーテなどのお店では基本必要なく、
BOOKOFFやリサイクルショップなどの中古品を扱うお店では必要です。

ですが、中古品と言っても自分が使用していた商品や、
他人から無料で貰った、趣味で買った中古品などを売る場合は必要無いです。

これは、警視庁の「古物営業法FAQ」のページで詳しく説明してます。

ただ、知恵袋やせどらーの方の記事を読むと、
中古でも個人から買うのではなく店舗からの購入なら
古物商はいらないという方もいます。

私の住んでいる管轄の警察に直接聞いたところ、
継続的に事業としての販売なら必要だと言われました。
※古物営業法FAQのQ2の回答に近い。

必要か必要無いかは管轄によって違うみたいですけど^^:

以上のことからこれからせどりを始める方は、
古物商許可証は必要か必要無いかを判断してください。

ちなみに、古物商は資格ではなく許可証なので難しい試験は無く、
必要書類と約20000円の費用があれば取得できます。

【必要書類】
・古物商・古物市場主許可申請書
・住民票
・身分証明書
※破産宣告等、禁治産又は準禁治産、
 後見登記の通知を受けていない旨の証明

・登記事項証明書
※成年被後見人、被保佐人に該当しない旨の証明
・誓約書
・略歴書

また、賃貸に住んでいる方の場合、
賃貸借契約書の写しと使用承諾書等の提出が必要
です。

提出書類が多いので結構面倒ですが、
せどりでご飯を食べるという考えの方は取得して損は無いかと思います。

古物市場に参加できる等のメリットもあるので…。

かなりざっくりと説明しましたが、
分からないことがあればお気軽にお問い合わせください^^

記事を読んだよ!って応援クリックして頂けるととても 幸せな気持ちになります。
  ↓↓↓

こちらも応援クリックして頂けると もの凄く感動します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

ゆうぽんへのお問い合わせはこちら

あわせて読みたい関連記事

タグ


カテゴリー:せどり

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

http://blog.with2.net/
http://www.blogmura.com/
https://twitter.com/