↓Facebook&WordPress&アメブロ連動集客ツール↓
amepress

SEO(Search Engine Optimization)について


SEO(Search Engine Optimization)について
SEO(Search Engine Optimization)とは、検索エンジンの最適化のことであり、検索サイトでの検索結果の表示順位をより高くするための技術、工夫のことです。多くの場合において、検索結果1位のサイトをクリックする確率が高く、順位が下がるにつれてその確率が低くなっていきます。


アメリカのコーネル大学の調査結果によると、
1位をクリックする確率は約55%となっており、
1位から10位までで全体の90%以上のクリックを集めています。

もちろん、検索エンジンの違いや検索ワードによってその確率は変わってきます。

しかしそれでも、この結果からSEOの重要さがうかがい知れます。

このことから、SEOは注目を集めており、
検索エンジンの最適化を業務としたSEO業者も多く存在しています。

検索エンジンは数多くのアルゴリズムを使って様々な判断基準で、
サイトの品質を判断して順位を決定しています。

この判断基準はその一部しか公表はされておらず、
正確なことは分かっていません。

その一部の判断基準から検索エンジンの最適化をする手段には、
大きく分けて2つあります。

それは、サイトの内部での対策と外部での対策です。

内部での対策とは、

  • キーワードの選択
  • サイトの構成
  • サイトの構成を維持する
  • 更新頻度を上げる

などです。

キーワードの選択とは、自身のサイトに呼びたい読者はどのキーワードを使うことで、
サイトに来てくれるのか判断し適切なキーワードを選ぶことで対策をします。

またWEB上でそのキーワードでどれぐらい多く使われているかの
チェックをするサービスなどもあります。

サイトの構成とは、サイト内の情報が適切に整理することです。

読者にとって分かりやすく整理されたサイトは、
検索エンジンにも高く評価されるためこの対策が必要になります。

サイトの構成を維持するとは、
サイトを開始した時点の構成から大きく変えず、長期に運用することです。

古くからあるサイトほど高く評価される傾向があるため、
構成を変えずに長期に運用することが対策になります。

更新頻度を上げることによって、検索エンジンによる巡回多くなります。
サイトの更新や追加の更新がないサイトは、低く評価されてしまいます。

まとまった量での更新を適度にすることが重要です。
外部での対策とは、被リンクの作成です。

多くの検索エンジンでのサイトの品質を判断する基準に、
他のサイトからのリンク数があります。

このため、お互いのサイトをリンクしあう相互リンクなどの対策が知られています。

このように、SEO対策の多くは時間のかかる方法が多く、
一長一短にはサイトの順位を上げることはできません。

また、上位になれたとしても、その順位を維持するためにまた努力が必要です。

しかし、上位に位置していればいるほど多くの訪問者にサイトを閲覧してもらえ、
サイトの価値を高めることができます。

記事を読んだよ!って応援クリックして頂けるととても 幸せな気持ちになります。
  ↓↓↓

こちらも応援クリックして頂けると もの凄く感動します。
  ↓↓↓
にほんブログ村 小遣いブログ アフィリエイトへ

もっと詳しく知りたい事や
理解できなかった事などございましたらお気軽にご連絡下さい。

ゆうぽんへのお問い合わせはこちら

あわせて読みたい関連記事

タグ


カテゴリー:アクセスアップ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ

http://blog.with2.net/
http://www.blogmura.com/
https://twitter.com/